Gジェネ アールイーなどガンダムネタbyタネ魔鬼

このブログは「SDガンダム ジージェネレーション アールイー」の公式タネ魔鬼ブログです。
このブログではGジェネRE、GGRE、Gジェネアールイーなどガンダムネタをお届けいたします!

このブログを検索

GジェネRE【キャラ評価】張五飛 格闘最強の漢 #GジェネRE

チョウゴヒ

張五飛(チャン・ウーフェイ)


コロニー独立組織の破壊工作員。

L5コロニー群出身で、古来より続く中国系戦士一族に生まれた一流の武道家であり、MS戦においても白兵戦を得意としている。

誇り高くストイックで、妥協を許さない苛烈な性格の持ち主。

正義のために戦うという強固な信念を有するがゆえ、自らが「悪」と見なした相手には容赦をしない。

A.C.195年自ら志願し「オペレーション・メテオ」に参加。

ガンダムに乗って地球に降下し、着実に任務を遂行していった。

その中でOZの総帥「トレーズ・クシュリナーダ」と対峙、生身での決闘に臨むも圧倒的な力量の差によって敗北を喫した上、トレーズの計らいにより一度は覚悟した死をも免れる結果となる。

力あるものこそが正義であると考えてきた五飛にとって「悪」であるはずのトレーズが持つ戦闘能力、そして信念の強さは正義であり、敗北した自身にはその正義が無いのではと苦悩し、戦意を失っていった。

しかし、他のガンダムパイロットとの出会いや劣勢を強いられながらも最期までOZと戦い続けた師、龍紫鈴(ロン・シリン)との別れを経験する中で迷いを払拭し、真の正義とは自らの意志が決めるものであると悟る。

そして、最終決戦においては世界国家軍の総帥となったトレーズと再び対峙、その信念を胸に激しい戦いを繰り広げるが、自ら敗北することでその理想を完遂しようとするトレーズとの決着はあっけないものであった。

その結末を受け入れられず、感情の矛先を失い苦しむ五飛であったが、地球へと落下する巨大戦艦「リーブラ」を前に、これ以上の犠牲を出すまいと「ヒイロ・ユイ」の搭乗する「ウイングガンダムゼロ」にバスターライフルを託し、リーブラの破壊に貢献している。

尚、彼の名である「張五飛」は「チャン・ウーフェイ」と発音。


ステータスとスキル



Lv1
Lv75
格闘 132 320
射撃 91 185
防御 40 93
格闘命中 35 72
射撃命中 17 33
回避 20 51
覚醒 0 0


スキル1

攻撃速度上昇/五飛(A.C.195)

「張五飛(A.C.195)」を有する
MS搭乗時
攻撃速度20~30%上昇


スキル2

格闘型技能

「格闘」を有する
MS搭乗時
Sレンジ通常武装の
ダメージ5~10%上昇
SレンジSA武装の
ダメージ10~15%上昇


スキル3

特効/OZ

「OZ」を有する敵に対し
ダメージ15~20%上昇
「OZ」を有する敵からの
ダメージ10~15%減少


スキル4

徹底抗戦/ビーム打撃

搭乗MSのHP20%以下で
効果属性「ビーム打撃」の
ダメージ15~25%上昇


スキル5

Gチーム

「Gチーム」を有する
3人でチーム編成時
ダメージ20%上昇


主な入手方法


イベント
『シェンロンガンダム開発計画』
スペシャル
●クエスト③金ハロ
マルチ
●イベントミッション⑲


主なリンクワード


シェンロンガンダム

●コロニー独立運動組織
●ガンダムタイプ

●格闘

●張五飛(A.C.195)


「格闘型技能」を有するキャラ

●キラ・ヤマト

・砲撃型技能
・ドッキング型技能

●ランバ・ラル

・ラル隊

●グラハム・エーカー

・フラッグファイター
・高速MS技能

●三日月・オーガス

・鉄華団


●昭弘・アルトランド

・鉄華団


●アリー・アル・サーシェス

・宇宙戦
・地上戦


●刹那・F・セイエイ

・ソレスタルビーイング

など


「Gチーム」を有するキャラ

●ヒイロ・ユイ



●カトル・ラバーバ・ウィナー



●トロワ・バートン



●デュオ・マックスター






スポンサーリンク





タネ魔鬼の独り言

キャラ評価


現時点(2017年10月)では格闘王になりました~

強すぎステータスですね~

Gガンダムが出るまでは最強のままでいるんですかね~

会社の後輩にチョウゴヒって言われてから

読み方まで書くようになりましたよ(笑)

ガンダムWのキャラが初登場なので

今後の展開が気になりますがヒイロが先じゃないのか!!

って思った方々も多いはず!

おそらく次回の復刻ガシャでガンダムWが出て

それに合わせて次のイベントで登場かなって思ったり・・・

最近は商売がうまくなってきているので

その調子で確率も上げてほしいですね(^○^)/






0 件のコメント :

コメントを投稿